15 degrees ring

KODERA TOMOKO

つれづれなるままに

それぞれの夢

一緒に働いていた彼女が、ガラス作家を目指して、大学院に戻ったのが1年半前。

この度、9月スタートの新作ブライダルリングのイメージ装飾を制作してくれることになりました。

 

打ち合わせ、2時間半。

作業台の上に無造作に置かれている作品に惚れてしまい購入。

私のもとにお嫁に来ることになりました。

ガラスが固まるときにできる空気の泡や、フロストとポリシュ面のコントラストが美しい作品です。

作家を目指して頑張っている彼女を心より応援しています。

 

自分の夢に向かうことは、今の自分に惚れこむこと

自分を信じるって勇気が必要なことですね!

 

そのままを身につける

2001年夏、釧路湿原。植物撮影旅行にでかけた時の写真です。

葉の一枚一枚が不揃いだけど、リズミカル。

顔に見えてきませんか?

この写真を見ると、葉の冷たさや湿った黒い土を思い出します。

 

私は、

その時、自分が感じている何か!をそのまま心に残します。

文章にしたりメモにしたりしません。

かすかに感じたことを体の外に出してしまうと、

本質と違ってしまうからです。

 

ジュエリーデザインを考える時も、

表現したい何かが出すぎることを嫌います。

なぜなら、身につけたいとか所有したいと感じる衝動は、

モノが発するのではなくて、

その時のその人が欲するから。

その人とモノが感じあう隙間を大切にしたい思っています。

 

(自分の感覚を表現するのはむずかしい。解りづらい文章ですみません!)

 

ピンク色の空

各地で35度を超す猛暑がここ数日続いています。

そんな日でも夕暮れ時くらいになると

風がでてきていくらか涼しくなります。

西の空はピンク色。

バロックの時代の芸術家もこんな空を見上げて

天井画を描いたのかな?